AGAは放っておくとどんどん進行します

髪がなくなること

AGA治療を専門としているクリニックといえばこちら。長年の経験から安心して治療を受けることができますよ。

治療前

体のことに関するコンプレックスは、自分で解決するのはなかなか難しいといえます。というのも、体の悩みは大抵の場合、医学的な見地からしっかり治療した方がいいケースであることが多く、特に知識のないまま自己流で対策をしてしまうと逆効果となってしまう可能性があるのです。
多くの男性が悩まされている脱毛症も、そんな体のコンプレックスのひとつ。髪の毛が少しずつ抜けていったり、場合によってはいきなり大量の抜け毛があったりして、多くの男性にとってとても困ってしまうものです。しかし、この脱毛症を見られたくなくて常に帽子をかぶっているなどの対策をしていると、蒸れによりさらに脱毛症が悪化してしまうなど、自己流の対策には危険が伴います。

脱毛症をしっかり治したい、治るまではいかずとも脱毛を食い止めたいと思うなら、しっかりAGA治療を受けるようにしましょう。
AGAとは、男性型脱毛症のこと。近年は女性の脱毛症も増えてきたものの脱毛症は依然男性に多い症状だといえますが、そのなかでも男性ホルモン量が関係して脱毛となってしまうのがAGAです。
ホルモンは、人間が生きていく上で必ず必要なもの。脱毛症の原因となっている男性ホルモンも、人間の体に必要なものです。ちなみに、男性ホルモンは男性に多いだけであって、女性にもあります。その逆もしかりで、男性にも女性ホルモンはあります。
しかし、この男性ホルモンにより毛髪の成長が乱れてしまうことがあるのです。

AGAを発症している人は、髪が生まれ変わるサイクルに乱れが生じていると考えられています。
髪の毛は、退行期と休止期、成長期を繰り返して、正常な状態を保っています。しかし、AGAになると成長期のいくつかの過程がスキップされ、髪の毛が成長したり毛球が強くなったりしなくなります。つまり、髪の毛の成長が始まった直後から退行が始まってしまうため、どんどん脱毛していってしまうというわけです。

AGAは、一般的にこめかみから始まるといわれています。こめかみの部分から少しずつ薄くなっていくので、おでこと髪の毛の境目がMの字になってしまう特徴があります。そして、だんだんとこの境界が後退していってしまいます。
また、頭頂部分の髪の毛が優先して薄くなっていくのも特徴です。人によっては頭頂が先に薄くなる人もいれば、後退が先に進む人もいます。この2つが同時に進んでいく人もいます。
こういった脱毛症は、育毛剤を使うなどしてもある程度ケアできますが、自分の脱毛症のタイプを正しく知らなければケアも逆効果となる可能性があります。そのため、病院を受診してAGA治療を受けることが一番確実です。

最新の記事

お薬で治療

最近額が気になる

お薬で治療

多くの男性にとって無視できないAGA。AGA治療には、専用のお薬が使用され、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変わって髪の毛を破壊するのを防いでくれます。

予防と治療

一歩ずつ改善に向かおう

予防と治療

AGAを予防するためには、育毛サロンに行ったり育毛剤を使用したりシャンプーを変えてみたりといったことは効果的ですが、AGA治療をしっかり行うなら、専門的な知識を持つ医師の話を聞ける専門病院を受診するのが最適です。

  • 薄毛の原因

    薄毛治療

    薄毛の原因

    薄毛や脱毛は、栄養が足りなかったり、毛髪が細くなってしまったり、抜け毛が増えてしまったりといったさまざまな原因があります。原因を見極め、正しいAGA治療治療につなげていくことが大切です。

  • 生活習慣を整える

    コンプレックス

    生活習慣を整える

    専門病院にてAGA治療を行うことでAGAは治療できますが、生活習慣を整えることもまた大切です。食生活や喫煙、ストレスなどに注意し、健康的に過ごすことでAGAもしっかり治すことができます。